東播

  • 印刷
新聞配達について学ぶ川西小の児童ら=加古川市米田町平津
拡大
新聞配達について学ぶ川西小の児童ら=加古川市米田町平津

 兵庫県加古川市米田町平津の川西小学校の2年生56人が22日、自分が暮らす町について学ぶ授業「町たんけん」に臨んだ。学校周辺の事業所など13カ所を訪問し、ふだんから気になっていたことを尋ねた。

 生活科の授業の一環。児童らは5班に分かれ、駅や交番、ホームセンターなどを訪れた。調べた内容をまとめて、お互いに発表し合うという。

 神戸新聞加古川専売所(同町平津)では、2回に分けて計22人が見学。児童は、所長の播田伸治さん(43)に「新聞配達は大変ですか」「配達員さんは毎日どのぐらいの数を配りますか」といった質問を投げかけた。「350軒ぐらいの家に2~3時間ほどで配るよ」と答えると、児童らは驚いた様子だった。

 男児(8)は「雨の日や寒い日も配達するのは大変だと思った」と話していた。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ