東播

  • 印刷
買い物客にごみの減量を呼び掛ける市職員ら=アスパ高砂
買い物客にごみの減量を呼び掛ける市職員ら=アスパ高砂

 「ごみゼロの日」の30日、兵庫県高砂市は商業施設「アスパ高砂」(緑丘2)で街頭啓発活動に取り組み、買い物客らにごみ減量を呼び掛けた。東播2市2町では、1人当たりの家庭ごみの量が県平均を上回っており、高砂市内に建設中の広域ごみ処理施設が稼働する2022年に向け、市民らに協力を求めている。

 高砂市の家庭ごみ収集量は年間約1万9千トンで、加古川市は約5万5千トン(いずれも17年度)。市民1日1人当たりのごみ排出量(集団回収を含む)は、加古川=644グラム▽高砂=647グラム▽稲美=695グラム▽播磨=670グラムとなり、県平均の627グラムを上回る。

東播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ