東播

  • 印刷
「ぼっくりん」のワッペンをあしらったポロシャツを着用する市職員=高砂市役所
拡大
「ぼっくりん」のワッペンをあしらったポロシャツを着用する市職員=高砂市役所

 汗ばむ陽気となった3日、兵庫県高砂市役所では職員がオリジナルポロシャツを着て勤務する「エコスタイル」が始まった。胸には、市制65周年を記念する市のマスコットキャラクター「ぼっくりん」のワッペンがあしらわれ、高砂市のPRにも一役買っている。(本田純一)

 ポロシャツは7年前から、若手職員の研修の一環で製作し、毎年デザインが変わる。入庁2年目の有志約10人が中心になり、刺しゅうのデザインやシャツの色を決めた。シャツは黒や白、赤、紺色など10色があり、紺色が人気という。

 希望する職員に1450円で販売。購入者は年々増え、今年は約400人。毎年集めている職員もおり、小中学校の教職員も着用する。市民からも問い合わせがあるが、一般販売はしていない。

 神戸地方気象台によると、この日の姫路市の最高気温は27・9度まで上がり、夏日を記録。6日ごろまで高い気温が続くという。

 エコスタイルは9月末まで。市環境政策課は「省エネに対する市民の意識を高めるため、市職員が率先して取り組みたい」としている。市役所では冷房の使用を控えるため、市販のポロシャツやノーネクタイの職員も増えている。

東播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ