東播

  • 印刷
果敢にゴールを狙うバンディオンセの村井宏起選手(左から2人目)=日岡山公園グラウンド
果敢にゴールを狙うバンディオンセの村井宏起選手(左から2人目)=日岡山公園グラウンド

 兵庫県加古川市を拠点にするサッカー関西1部リーグ「バンディオンセ加古川」が9日、日岡山公園グラウンド(加古川町大野)で、今シーズン市内で最初の公式戦に臨んだ。地元ファンら約300人の声援に応え、チームは2対0でアルテリーヴォ和歌山に勝利した。

 前半31分、鈴木玲央選手(28)の絶妙なクロスボールにフォワード村井宏起選手(23)が頭で合わせ、先制。後半42分には伊藤圭斗選手(25)が落ち着いてPKを決め、試合を決定づけた。選手は90分間果敢にボールを追い、スタンドからは「バンディオンセ」コールと太鼓の音が響いた。

東播の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ