東播

  • 印刷
「ひとがた」を流す家族連れ=県立考古博物館
拡大
「ひとがた」を流す家族連れ=県立考古博物館
再現を交えて解説があった古代の儀式=県立考古博物館
拡大
再現を交えて解説があった古代の儀式=県立考古博物館

 罪やけがれをはらう古代の風習「ひとがた流し」を再現する催しが30日、兵庫県播磨町大中1の県立考古博物館で開かれた。同日午前から降り続いた雨は直前に収まり、親子連れら約70人が顔の絵を描いた木製の人形を水路に流し、災いを逃れるよう祈った。

 ひとがた流しは1300年以上前に始まり、天皇や役人が6月30日と大みそかに行っていたと伝わる。当時、自然災害や疫病などの災いはささいな罪の積み重ねによって起こると考えられ、それらを人形に移して水に流して安寧を願ったとされる。

 同県豊岡市出石町の砂入遺跡や袴狭遺跡から、計約1万点の人形が出土しており、一部は同館でも展示されている。

 催しは同館で活動するボランティア有志でつくる「ひょうご考古楽倶楽部」が主催し、11回目。館内では、同倶楽部のメンバーたちが古代衣装をまとって祝詞を唱えるなど、当時の儀式の再現があり、訪れた子どもたちも舞台に上がった。続いて参加者たちは木の人形に思い思いの顔を描き、息を吹きかけたり手でなでたりして、同館の敷地内の水路に流した。

 再現した儀式で天皇役を務めた明石市の王子小4年の男児(9)と同小3年の女児(8)のきょうだいは「舞台に上がって緊張した。家族みんなで流したよ」と笑顔だった。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ