東播

  • 印刷
落語を通じて詐欺撲滅を呼び掛けた桂三若さん=鹿島殿
拡大
落語を通じて詐欺撲滅を呼び掛けた桂三若さん=鹿島殿

 振り込め詐欺被害をなくそうと、落語を通じて犯行手口を学ぶ講座が3日、兵庫県高砂市阿弥陀町地徳の結婚式場「鹿島殿」であった。市内の老人クラブ会員ら約180人が集まり、落語家桂三若さんによる防犯落語を楽しんだ。

 播州信用金庫(同県姫路市)の高砂市内の取引先でつくる「高砂経済クラブ」が、高砂署や高砂防犯協会、市老人クラブ連合会と協力して初めて企画した。同署の森川正臣生活安全課長による防犯講話もあった。

 高座に上がった三若さんは「被害防止には相談相手が必要。いろんな集まりに顔を出して」と呼び掛けた。同窓会に話が進み、「人はどうなるか分からない。うそつきだった同級生が信用金庫に就職して、勉強できてスポーツ万能だった子は落語家になった」と話して会場を沸かせた。

 続いて、典型的なオレオレ詐欺でもだまされやすいことを伝えるため、電話口で次々と登場人物が変わる劇場型詐欺を再現。最後は「だまされないで笑顔で過ごして。だって老後に2千万円いるんですよ」と笑いで締めくくった。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ