東播

  • 印刷
オポナカちゃん(左)とかつめしちゃん(提供写真)
拡大
オポナカちゃん(左)とかつめしちゃん(提供写真)

 兵庫県東播地域の魅力をPRする「ご当地萌えキャラ」のグッズ販売会が14日、JR土山駅南側のきっずなホールで開かれる。かつめしちゃん(加古川市)や、オポナカちゃん(播磨町)などのグッズ約20種が並ぶ。

 キャラクターは、地元住民の有志が運営。会員制交流サイト(SNS)で、地域の見どころや催しについて発信する活動を続ける。

 加古川のご当地グルメ「かつめし」を頭に乗せたかつめしちゃんは、スカートとタイツはデミグラスソースのこげ茶色で、髪はゆでキャベツの緑色。オポナカちゃんは、播磨町の大中遺跡が「オポナカムラ」と呼ばれていたことに由来し、特産品のタコと同じ赤い髪をした妖精だ。

 当日販売されるのは、かつめしちゃんのアクリルキーホルダー(税込み500円)、オポナカちゃんのクリアファイル(同300円)など。姫路市の表具店のPRキャラクター「掛物継美」のグッズもある。

 オポナカちゃんの考案者福留悠記さん(28)=加古川市=は「地道な活動を知ってもらい、キャラクターを身近に感じて」と話す。午前11時~午後3時。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ