東播

  • 印刷
全国大会に出場する「兵庫播州クラブ」の選手たち=稲美町草谷
拡大
全国大会に出場する「兵庫播州クラブ」の選手たち=稲美町草谷

 小学生ソフトボールチームの頂点を決める夏の全国大会「第33回全日本小学生男子ソフトボール大会」に、兵庫県稲美町の「兵庫播州クラブ」が県代表として出場する。チームは昨夏と今春の全国大会で優勝しており、選手は「全国3連覇を成し遂げたい」と意気込んでいる。

 チームは2016年に結成。稲美町や加古川市などから5、6年生25人が集まり、週5日以上も練習に励む。全員が全てのポジションを練習することで互いを理解し合い、連携を強化。チームの持ち味である堅実な守備につながっている。

 全国大会は毎年春と夏に開かれ、今回で7回連続出場になる。5月にあった県予選では、大会を通してエラーはわずか二つ。エースで主将の島津宏輝君(11)=母里小6年=は、ストレートとチェンジアップの緩急を生かし、対戦した打者計60人のうち、30人から三振を奪った。

 全国大会は8月2~5日、長崎県諫早市であり、各地の強豪48チームが集う。春夏3連覇となれば史上初めてといい、平間輝星副主将(11)=浜の宮小6年=は「選手全員が春よりも上手になっている。優勝して新しい歴史を作りたい」と力を込めた。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ