東播

  • 印刷
松葉堂の水まんじゅう=稲美町野谷
拡大
松葉堂の水まんじゅう=稲美町野谷

■兵庫県稲美町「松葉堂」の「水まんじゅう」

 透き通った厚い皮がぷるんっ。中に包まれたフルーツが涼しげに震える。まんじゅうが揺れる様子を、動画撮影する客がいるというのも納得。このみずみずしさ、夏にはたまらん。

 店の名物のくずまんじゅうを、20年ほど前に改良した。「長時間冷やしても、白く濁らないまんじゅうにしたかった」と松田真幸社長(59)。皮の生地に寒天を混ぜ、透明感に加えて絶妙な弾力も生んだ。

 こしあんと抹茶あんだけだったが、あんが苦手な人のため3年ほど前に夏ミカンと桃の販売も始めた。さっぱりした味が加わり、水まんじゅうの人気は急上昇。今では来店者の7割が買って帰るという。

 販売は5月中旬から9月末まで。お盆には売り切れることもあるので、事前に予約を。水まんじゅうの販売が終わるころ、秋の爽やかな風が吹き始める。(本田純一)

【高砂市の会社経営カビゴンさん(40)】

 しっかりした甘さなのにくどくない。つるんとした喉越しの良さは夏に最適です。抹茶あんもおいしいけど、私は果実入りが好き。

【メモ】こしあんは80円、抹茶あんと夏ミカンは90円、桃は100円。フルーツあんみつ(380円)や濃厚トマトゼリー(160円)も人気がある。午前9時~午後7時。第2、4日曜休み。稲美町野谷185。松葉堂TEL079・495・0031

東播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ