東播

  • 印刷
動画一覧へ
ナイタープールで歓声を上げる利用客たち=高砂市民プール
拡大
ナイタープールで歓声を上げる利用客たち=高砂市民プール

 日没後も遊べる高砂市民プール(兵庫県高砂町松波町)の「ナイタープール」が人気だ。夜間に楽しめるプールは近年、若い女性たちを中心に都市部のホテルなどで流行しているが、この市民プールは30年以上前から続けている。照明できらめく水面で歓声を上げるのは小学生ら。日焼けの心配がなく、限定予約制のため混雑を避けられる。既に夏休みの大半は予約で埋まるほどの盛況ぶりという。(若林幹夫)

 同市民プールは50メートルプールや浅めの子ども用があり、スライダーは2種類。午前9時~午後5時の通常営業後、午後6~9時に20人以上の団体を受け入れている。上限は安全に監視できる200人。今シーズンは6月の営業前に予約を受け付けた際、7月下旬から8月にかけて抽選になった。

 同プールの指定管理者「サンアメニティ大阪」の加藤隆志さん(36)は「日中と違って日焼けしないで済む。高級ホテルほどではないですが写真映えもしますよ」と話す。市によると、現施設は1985年に完成。当時は既に夜間営業を始めていたといい、数年前から毎年営業前に予約が殺到するようになった。

 利用するのは地域の少年団や少年野球チーム、家族グループが主で地元をはじめ、加古川、明石市からも毎年リピーターが訪れる。

 3人の子どもを育てる高砂市の女性(33)は、友人家族ら約50人で利用した。「人が少ないから子どもたちを安心して遊ばせられる。今年は3回来ます」。別グループで訪れた高砂小2年の女児(7)は「スライダーの順番がすぐ回ってくる。噴水もキラキラしてきれい」と笑顔だった。

 ナイターは通常営業と同じ9月1日まで。週末はほぼ予約で埋まっているが8月13日以降の平日を中心に空きがある。3日前までに同プールで予約が必要。20人以上の団体料金大人450円、中学生以下180円。高砂市民プールTEL079・443・2355

東播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ