東播

  • 印刷
イエローチョーク作戦への参加を呼び掛ける市職員=加古川市役所
拡大
イエローチョーク作戦への参加を呼び掛ける市職員=加古川市役所
チョークで書く内容のイメージ
拡大
チョークで書く内容のイメージ
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県加古川市は7月から、路上に放置される犬のふんを減らす「イエローチョーク作戦」への参加を町内会などに呼び掛けている。放置されたふんを黄色のチョークで丸く囲み、日時を書く取り組み。「困っているぞ」「みんな見ているぞ」というメッセージを送り、飼い主のマナー向上を促すという。

 市によると、イエローチョーク作戦は2016年に京都府宇治市が始め、取り入れた多くの自治体で“ふん害”が激減するなど効果を上げている。必要なのはチョークのみで、書いた文字もしばらくすると消えるため、取り組みやすい。

 加古川市では以前からふん害に対する市民の不満が大きく、昨年11月に行った市民意識調査で「ポイ捨てやペットのふん害防止」の満足度を問う項目では、回答者の約60%が「不満」か「やや不満」を選んだ。満足度は全48項目中、2番目に低かった。

 市は昨年12月から2カ月間、ふん害に悩まされる同市尾上町安田の地元町内会と連携してチョーク作戦を試験実施。終了後に住民からは「継続することで効果が期待できる」「今後も取り組みたい」という前向きな意見が寄せられたという。

 市内全域に作戦を広げようと、参加する町内会など団体を募集している。事前に場所や期間を申請した上で取り組んでもらう。市環境政策課は「黄色は、警告のイエローカードの意味もある。先行事例を見ると効果が期待できる」とする。申請は同課TEL079・427・9199

(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ