東播

  • 印刷
昨年度までに東播磨県民局に寄せられたコウノトリの写真=加古川市加古川町寺家町
拡大
昨年度までに東播磨県民局に寄せられたコウノトリの写真=加古川市加古川町寺家町
2018年に加古川市内で飛来が確認されたコウノトリの1羽=加古川市志方町西山(撮影・切貫滋巨)
拡大
2018年に加古川市内で飛来が確認されたコウノトリの1羽=加古川市志方町西山(撮影・切貫滋巨)

 国の特別天然記念物コウノトリに関心を持ってもらおうと、東播磨県民局といなみ野ため池ミュージアム運営協議会が、兵庫県加古川と明石、高砂市、稲美、播磨町で撮影したコウノトリの写真を募っている。応募者には図書カードとピンバッジを贈る。ため池の多い東播磨地域には、毎年のように飛来しており、「身近な生態系を見つめ直すきっかけにして」と呼び掛ける。

 コウノトリを通じ、地域の豊かな自然環境の保全について考えてもらおうと企画した。同地域では2007年からコウノトリの飛来が確認されており、大半は水を抜いた後のため池で目撃されているという。18年度には計13羽が確認され、初めて播磨町でも目撃された。また高砂市内では、繁殖を願って地域住民らが人工巣塔を設置した。

 同県民局にはこれまでにも多くの写真がメールなどで寄せられ、今年3月には稲美町で写真展を開催した。ただアオサギと間違える人が多く、同県民局の担当者は「コウノトリは目の周囲と足が赤く、羽やくちばしが黒い」と説明する。

 プレゼントは先着250人。今年4月以降に撮られた写真が対象で、来年2月17日締め切り。メールや郵送のほか、会員制交流サイト(SNS)のフェイスブックのメッセージや、インスタグラム、ツイッターでも受け付ける。投稿する時は「いなみ野ため池ミュージアム」の公式アカウントをフォローし、「#(ハッシュタグ)東播磨のコウノトリ」を付ける。撮影場所と日時も必要。

 写真は本人が撮影したものに限る。プレゼントは1人1回。郵送やメール、メッセージで応募する時は、撮影者の住所と名前も添える。〒675-8566 兵庫県加古川市加古川町寺家町天神木97の1、東播磨県民局水辺地域づくり担当(TEL079・421・9026)へ。inaminotameike.s.nakamura@gmail.com

(本田純一)

東播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ