東播

  • 印刷
高砂市の将来像について話し合った市職員と県立大の学生ら=市観光交流ビューロー
高砂市の将来像について話し合った市職員と県立大の学生ら=市観光交流ビューロー

 兵庫県高砂市の将来像について市職員と若者が議論する「高砂未来一日研究所」が6日、同市高砂町今津町の市観光交流ビューローで開かれた。高砂、加古川市に住む兵庫県立大の1~4年生7人が参加し、まちづくりについて意見を述べた。

 市は現在、2021年度から10年間のまちづくりの指針となる「総合計画」を策定中。若い世代の発想も取り入れようと高校、大学生らを招いた意見交換会を続けている。学生らは2グループに分かれ、まちの現状や今後の取り組みについて市職員と議論した。

東播の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ