東播

  • 印刷
初めて登場した加古川市版のマンホールカード=加古川市上下水道局
拡大
初めて登場した加古川市版のマンホールカード=加古川市上下水道局

 全国各地のマンホールのふたをカード化して紹介する「マンホールカード」に、兵庫県加古川市版が新しく登場した。JR加古川駅構内の「まち案内所」で無料配布している。

 マンホールカードは表面でふたの写真を、裏面でデザインの由来を紹介。全国で500種類以上あり、今月7日から第10弾の配布が始まった。

 カードで紹介される同市のふたは、市章を中心として市花のツツジをバランスよく配置したデザイン。1991年から設置が始まり、市内にあるふた約4万2千枚の大半で使われている。昨年夏に初めてカラーのふたを作り、加古川駅前や鶴林寺近くなど計6カ所に設置した。

 市上下水道局経営管理課は「市民に下水道を身近に感じてもらうきっかけになってほしい」とする。

 カードの発行は4千枚。配布は1人1枚。午前9時半~午後6時。まち案内所は土日祝日もオープン。TEL079・456・0222

(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 13℃
  • 2℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ