東播

  • 印刷
少しずつ金魚が戻ってきた池。稚魚も持ち寄られた=加古川市加古川町寺家町
拡大
少しずつ金魚が戻ってきた池。稚魚も持ち寄られた=加古川市加古川町寺家町
魚を飼育してきた男性が作った張り紙=加古川市加古川町寺家町
拡大
魚を飼育してきた男性が作った張り紙=加古川市加古川町寺家町

 JR加古川駅(兵庫県加古川市)南側の「ベルデモール商店街」に40匹以上の金魚が泳いでいた池がある。子どもたちがのぞき込むなど憩いの場所として親しまれてきたが、今月上旬、ほとんどが死滅してしまった。原因ははっきりせず、世話を続けてきた商店主の男性(78)は落胆するが、「復活させたい」との願いに応えて金魚を持ってきてくれる人もおり、少しずつ以前の光景が戻ってきている。(小森有喜)

 池は横約3メートル、縦約2メートル。商店街が改装された1989年に設置され、池の前で履物店を営む男性が金魚の飼育を始めた。水草を植えてニシキゴイも放し、餌やりも欠かさなかった。多い時は70匹以上が泳ぎ回り、買い物客や子どもたちがのぞきこんで見守る、そんな地域の憩いの場だった。

 異変は今月初旬。男性が午前9時ごろに店を開けようとして、2匹を残してほかの魚が浮かんでいるのに気付いた。水は地下水を使い、循環させているため水温は低めに保たれているという。男性は「去年の夏も無事だった。暑さが原因とは考えられない。大事に育ててきたから本当にショック」と肩を落とした。

 ただ、池の中や周りにはタバコの吸い殻が散乱していた。原因かどうかはわからないが、男性は「タバコ・クスリなど入れたのはどこのだれだ」と書いた張り紙を池のオブジェに貼り付けた。すると池周辺のごみは激減。13日には協力に感謝する内容に書き換えた。

 騒動後、自宅から金魚やニシキゴイを持って来てくれる人もおり、今は成魚十数匹が泳いでいる。長男(2)と池の様子を見に来た女性(29)=同市=は「子どもも楽しみにしているから、また魚がたくさん泳ぐ池に戻ってほしい」。

 男性はさらに魚を増やすことを考えており、水草も植え替えるという。「魚を持ってきてくれる人には感謝の気持ちでいっぱい。大切に育てていきたい」と語った。

東播の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ