東播

  • 印刷
路地沿いに古い建物が軒を連ねる高砂地区の街並み=高砂市高砂町今津町
路地沿いに古い建物が軒を連ねる高砂地区の街並み=高砂市高砂町今津町

 兵庫県高砂市高砂町の歴史的な街並みを残そうと、市職員や住民有志が集まって、古民家や町家の活用方法を探る「高砂で古民家リノベーション塾」を開いている。工楽松右衛門旧宅など積極的に使われている古民家もあるが、空き家になったまま傷みが進み、姿を消していく物件も多い。塾では所有者と利用を希望する人たちをつなぎ合わせる仕組みづくりなどを考える。

 同市高砂町には江戸から昭和初期の建物が残り、一帯は県の歴史的景観形成地区に指定されている。修繕を経て2018年に観光・文化拠点として一般公開が始まった工楽松右衛門旧宅や、市観光交流ビューローが入る「中嶋家住宅」をはじめ、かいわいにはカフェに活用されている古民家も増えてきている。

東播の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ