東播

  • 印刷
例年より一足早く2学期が始まった高砂小学校の児童たち=高砂市高砂町大工町
例年より一足早く2学期が始まった高砂小学校の児童たち=高砂市高砂町大工町

 兵庫県高砂市内の市立小中学校16校で26日、例年より1週間ほど早く、2学期の始業式が行われた。学習指導要領の改定に合わせ、授業時間を確保するのが狙い。夏休みは短くなったが、子どもたちは日焼けした表情で元気に登校し、友人らとの再会を喜んでいた。

 市教育委員会によると、2020年度から小学5、6年生の英語が教科化され、習う単語数が増えて対話も重視される。また3、4年生も英語の授業が始まる。中学校でもプログラミングを専門的に学ぶようになり、年間の授業時間が増えるという。同市では今年7月に市立小中学校の全教室にエアコンが導入されたこともあり、夏休みの短縮に踏み切った。

東播の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 14℃
  • 0℃
  • 10%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ