東播

  • 印刷
2018年のたかさご万灯祭でろうそくがともされた高砂神社=高砂市高砂町東宮町
拡大
2018年のたかさご万灯祭でろうそくがともされた高砂神社=高砂市高砂町東宮町

 兵庫県高砂市の山陽電鉄高砂駅南側一帯の町並みをライトアップする「たかさご万灯祭」が9月14、15日の夜に開かれる。十輪寺や工楽松右衛門旧宅(旧工楽邸)、三連蔵などかいわいの歴史的な建物計12カ所が浮かび上がり、碁盤の目のように延びる路地計約6キロにろうそくの灯ろうが並ぶ。ライトアップ会場ではジャズの生演奏も披露される。(若林幹夫)

 高砂市と高砂商工会議所などでつくる実行委員会の主催。2006年に同市高砂町と周辺が県の歴史的景観形成地区に指定されたことをきっかけに「みなと堀川まつり」として始まった。翌年から現在の名称に変えて今回で13回目となる。

 路地のろうそくと建物を照らす発光ダイオード(LED)を合わせると1万個に上るという。今回は、出汐館前を「夢の灯り会場」と銘打ち、プロジェクター4台を使って壁面に幾何学模様や市のキャラクター「ぼっくりん」を映し出す。高砂神社は約3千個の灯ろうで境内を埋め、旧工楽邸近くの堀川にヨット約30艇を停泊させてLEDで飾る。

 コンサートなどの催しも多彩。十輪寺や高砂商工会議所2階など9カ所(一部有料、15日は8カ所)で高砂高校出身のアルトサックス奏者入江美香さんらプロの音楽家、高砂南高校吹奏楽部、公募したジャズバンドなど計28組が登場する。交流施設「高砂来て民家」(旧花井家住宅)はお茶会やぜんざいの販売があり、高砂銀座商店街に並ぶ模擬店では高砂名物「にくてん」などが販売される。

 ライトアップは午後6時~同9時半(15日は同9時まで)。会場周辺は駐車場が少ないため、実行委は公共交通機関の利用を呼び掛けている。市観光交流ビューローTEL079・441・8076

東播の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ