東播

  • 印刷
次女の笠井咲さん(左)や観客と一緒に、「チャラーン体操」をする林家こん平さん=加古川市総合福祉会館
次女の笠井咲さん(左)や観客と一緒に、「チャラーン体操」をする林家こん平さん=加古川市総合福祉会館

 落語家林家こん平さんと、次女の笠井咲さんの講演会が30日、兵庫県加古川市加古川町寺家町の市総合福祉会館で開かれた。多発性硬化症のこん平さんら家族3人を介護した咲さんが、笑いと愛情の効用を語り、車いすで登場したこん平さんと一緒にリハビリ体操を披露した。

 市社会福祉協議会の主催で約220人が参加した。咲さんは、脳出血の母、自宅での最期を希望した祖母、2004年の生放送番組中に倒れたこん平さんと、3人の介護を経験。子育てとも両立し、「すべての体験が自分を培ってくれた」と語った。父や母の診察に同行した際、医師に悩みを打ち明けたこともあったといい、「介護する側も、温かく包まれることや、健康に留意することが大切」と語り掛けた。

東播の最新
もっと見る

天気(12月9日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 14℃
  • 0℃
  • 10%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ