東播

  • 印刷
拡大

 兵庫県の東播地域(加古川、高砂市、稲美、播磨町)の特別養護老人ホーム30施設に本紙が7~8月に書面でアンケートを実施し、人手不足感について尋ねたところ、計16施設が「困っている」と答えた。

 人手不足による影響を質問すると、職員の意欲の低下や、残業の増加を指摘する意見が多かった。「良いケアができないことで、職員がストレスを感じている」「研修を開く時間が取れず、胃ろうやたんの吸引が必要な人の受け入れができない」など、苦しい声が上がった。

 紹介会社や派遣会社に頼り、コスト増に苦慮する施設もあった。「もっと職員がゆとりを持って利用者と触れ合えるような介護報酬を」と制度の見直しを求める意見も上がった。また、複数の施設が新卒採用の減少を懸念していた。

 一方、職員側からも人手不足による職場の疲弊を訴える声が上がる。

 神戸新聞の取材に、東播地域の施設で働く40代男性はサービス残業の慢性化を指摘する。夜勤は本来、翌日の午前中で終業することになっているが、引き継いだ後の食事の介助を手伝うなどして終わるのが午後、時には夕方になるという。

 管理職からは「財政的に、これ以上人を増やせない」と言われ、「もっと入所者の希望に応えて、外出できるようにしてあげたいが、今はとても無理」と話す。新入職員がすぐ辞め、定着しないのも悩みだ。(広岡磨璃、若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 30%

  • 22℃
  • 8℃
  • 20%

  • 22℃
  • 15℃
  • 40%

  • 21℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ