東播

  • 印刷
会場からの質問に答える津田隆男弁護士(左)=高砂市立図書館
会場からの質問に答える津田隆男弁護士(左)=高砂市立図書館

 認知症の影響で万引などをした高齢者らに、どんな支援が必要かを考える講座がこのほど、兵庫県高砂市立図書館(米田町米田)で開かれた。兵庫県弁護士会の津田隆男弁護士が講演で「地域の支援体制が築ければ、平穏な生活を送ることができ、再犯を防げるだろう」とし、司法や福祉の連携の重要性を指摘した。(切貫滋巨)

 認知症の家族や介護者らでつくる団体「つなぐ手と手」などが講座を企画。万引などの軽犯罪を繰り返す認知症高齢者が逮捕・起訴され、懲役刑の判決を受けるケースがあるといい、家族の苦悩が報告された。

東播の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ