東播

  • 印刷
心地良い秋風を感じながら歩を進めた参加者ら=加古川市東神吉町升田
拡大
心地良い秋風を感じながら歩を進めた参加者ら=加古川市東神吉町升田

 秋晴れに恵まれた9日、兵庫県の播州路を舞台にしたウオーキングイベント「加古川ツーデーマーチ」(神戸新聞社など後援)が開幕した。各地から集まった約3400人が、加古川市役所を発着点に5~20キロのコースに分かれて歩き、心地良い汗をにじませた。イベントは10日もあり、当日参加も可能。(小森有喜)

 同市などでつくる実行委員会が主催し30回目。参加者は、加古川中吹奏楽部の演奏に見送られ午前9時から順次スタートした。

 最長の20キロコースは、加古川の西側河川敷を北上。市北西部の平荘湖や加古川ウェルネスパーク(東神吉町)を巡った後、水管橋を渡って日岡山公園(加古川町)などを経由してゴールした。

 コース中にはイベントも多数。日岡山公園では、地元ゆかりの古代神話の英雄「ヤマトタケル」らをテーマにした謎解きゲームがあり、加古川ウェルネスパークでは豚汁がふるまわれた。市役所前広場には、血圧や骨密度を測定できるブースが並んだ。

 幼稚園教諭の女性(64)=加古川市=は、孫(5)を連れて5キロを歩いた。「天気もよくて最高。来年はもっと長いコースにしようかな」と笑顔を見せた。

 10日も5~20キロのコースに分かれて鶴林寺や兵庫大学などを巡る。当日参加の受け付けは午前8時から加古川市民会館で。受け付け終了は、20キロ=午前9時15分、10キロ=同10時、5キロ=同11時。実行委員会事務局TEL079・427・9180

東播の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 10%

  • 9℃
  • 6℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ