東播

  • 印刷
葦ペンで身近な景色を描いた菅原章夫さんの水彩画展=ギャラリー歓喜洞
葦ペンで身近な景色を描いた菅原章夫さんの水彩画展=ギャラリー歓喜洞

 兵庫県加古川市の画家菅原章夫さん(75)の水彩画展「ぶらりスケッチ展2」が、同市東神吉町神吉のギャラリー歓喜洞で開かれている。植物のアシを使う葦ペンで、身近な風景の魅力を引き出した25点が並ぶ。17日まで。

 菅原さんは30年ほど前に油絵を始め、2年前から葦ペンの水彩画を手掛けるようになった。「線の強弱をつけやすく、勢いのある絵になる」と話す。

東播の最新
もっと見る

天気(2月21日)

  • 13℃
  • 5℃
  • 0%

  • 14℃
  • 1℃
  • 10%

  • 15℃
  • 4℃
  • 0%

  • 15℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ