東播

  • 印刷
市制70周年記念事業のシンボルマークを示す岡田康裕市長=鶴林寺浄心院
拡大
市制70周年記念事業のシンボルマークを示す岡田康裕市長=鶴林寺浄心院

 兵庫県加古川市の岡田康裕市長は20日、同市の古刹、鶴林寺で定例会見を開き、来年度に実施する市制70周年記念事業のシンボルマークを発表した。

 シンボルマークは、市が2017年から使用しているブランドメッセージ「ぐうっ♥と!かこがわ」の70周年バージョン。市役所職員がデザインし、ピンク色を基調に「70」を描いた。今後、記念事業や民間の協賛事業に使用しPRする。

 70周年記念事業のメインテーマ「かこがわの未来へ想いをつなごう」や、「子どもたちの夢と希望を育む」など三つの事業実施方針についても発表。岡田市長は「東京五輪・パラリンピックの年でもあり、スポーツや文化などさまざまな事業を連ねていきたい」と述べた。

 この日の定例会見は、「B-1グランプリ」全国大会への出陣式に合わせ、市役所ではなく鶴林寺で開かれた。(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ