東播

  • 印刷
かつめしを販売する「うまいでぇ!加古川かつめしの会」メンバーら=明石市明石公園
拡大
かつめしを販売する「うまいでぇ!加古川かつめしの会」メンバーら=明石市明石公園
応援の踊りを披露する「踊っこまつり」出場チームの有志ら=明石市明石公園
拡大
応援の踊りを披露する「踊っこまつり」出場チームの有志ら=明石市明石公園
おそろいのTシャツ姿でかつめしを作る「うまいでぇ!加古川かつめしの会」のメンバーら=明石市明石公園
拡大
おそろいのTシャツ姿でかつめしを作る「うまいでぇ!加古川かつめしの会」のメンバーら=明石市明石公園
6位入賞を果たした「うまいでぇ!加古川かつめしの会」のかつめし=明石市明石公園
拡大
6位入賞を果たした「うまいでぇ!加古川かつめしの会」のかつめし=明石市明石公園

 兵庫県明石市で23、24日に開かれたご当地グルメのイベント「B-1グランプリ」全国大会で、同県加古川市の市民団体「うまいでぇ!加古川かつめしの会」は、6位入賞を果たした。同会のメンバーたちは「多くの人にかつめしを味わってもらい、加古川を全国に発信できた」と満足そうな表情を浮かべた。

 かつめしの会がB-1全国大会に出展するのは6回目。会場のブースでは、同会メンバーや応援に駆け付けた市民ら約30人が、ピンク色のTシャツ姿で調理した。「かつめし、オー!」と威勢の良い掛け声を出しながら、揚げたてのかつめしを提供。ブースには多くの人が並び、同県洲本市の飲食店経営の男性(39)は「ジューシーで肉厚。おいしいのでおかわりをした」と大喜びだった。

 かつめしの会の藤原一朗会長(65)は「会場で『かつめし頑張れ!』と声を掛けてくれる人もいた。全国大会では初の入賞。次はもっと上位を狙いたい」と笑顔を見せた。

 ブースの前では「踊っこまつり」の出場チーム有志約30人が応援のよさこい踊りを披露した。かつめしをPRするゆるキャラ「かっつん・デミーちゃん」の着ぐるみや、非公式キャラ「かつめしちゃん」に扮したコスプレイヤーも共演し、来場者は足を止めて見入っていた。

 NPO法人踊っこまつり振興会の伊賀督将さん(54)は「全国の人たちと交流できた。応援も楽しんでもらえたのではないか」。かつめしちゃん応援委員会の木曽達也代表(45)は「善戦したと思う。みんながかつめしを食べてくれて幸せ」とにっこり。加古川市観光振興課の小南陵一課長は「この結果を、加古川市の知名度向上に生かしたい」と話した。(本田純一)

東播の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ