東播

  • 印刷
「ぼっくりん」をデザインしたトイレットペーパーホルダーを手渡した松陽高校の生徒ら=曽根保育園
拡大
「ぼっくりん」をデザインしたトイレットペーパーホルダーを手渡した松陽高校の生徒ら=曽根保育園
「ぼっくりん」をデザインしたトイレットペーパーホルダーを手渡した松陽高校の生徒ら=曽根保育園
拡大
「ぼっくりん」をデザインしたトイレットペーパーホルダーを手渡した松陽高校の生徒ら=曽根保育園

 兵庫県高砂市の松陽高校の女子生徒が市のマスコットキャラクター「ぼっくりん」をデザインしたトイレットペーパーホルダーを手作りし、近くにある同市立曽根保育園にプレゼントした。

 同高生活文化科・被服班の生徒は学習の一環として、地元をPRするグッズの開発に取り組んでいる。今回は、3年の塩見華音さん(17)と植村更紗さん(17)が、交流がある同園への寄贈を企画。5月ごろからデザインを練り、フェルトを使って仕上げた。

 同園を訪れた2人が10個を手渡すと、園児たちは大喜び。女児(6)は「かわいくて使いたくなる」と笑顔を見せ、植村さんは「高砂を好きになってくれたらうれしい」と話していた。

 同保育園は、来年4月に認定こども園に移行する予定で、ホルダーは新しい園舎で使われるという。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(12月8日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ