東播

  • 印刷
勢いよくスタートを切る16キロの出場ランナーたち=加古川河川敷マラソンコース
勢いよくスタートを切る16キロの出場ランナーたち=加古川河川敷マラソンコース

 子どもから高齢者までが健脚を競う「高砂マラソン」(神戸新聞社など後援)が1日、高砂市文化会館(兵庫県高砂町朝日町1)東側を発着点とする加古川河川敷マラソンコースで開かれた。地元の東播地域を中心に市内外から774人が出場し、最長16キロを駆け抜けた。(切貫滋巨)

 実行委員会の主催で33回目。距離は、16歳以上が対象の16キロと5キロに加え、中学生の3キロ、小学4~6年生の2キロ、全年齢が出場できるジョギング1・6キロ。昨年から新設された部門、男女ペアによる「ファンラン」も行われ、11組が出場した。

東播の最新