東播

  • 印刷
「年末は浪曲らしい演目で、地元ファンを酔わせたい」と話す京山幸太さん=加古川市加古川町北在家
「年末は浪曲らしい演目で、地元ファンを酔わせたい」と話す京山幸太さん=加古川市加古川町北在家

 兵庫県加古川市出身の浪曲師、京山幸太(本名・山本壮秀)さん(25)が15日午後2時半から、加古川市民会館(加古川町北在家)で独演会を開く。同郷の講談師旭堂南海さんをゲストに迎え、「浪曲と講談、それぞれが持つ味わいを楽しんで」とPRする。

 幸太さんは同県姫路市出身の浪曲師京山幸枝若さん門下で、2014年にデビュー。実力派の若手として注目されている。地元では隔月で浪曲会を開いているが、年末にはゲストを招いて規模の大きな公演を開く。

東播の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ