東播

  • 印刷
3期目の今期で引退の意向を表明した登幸人市長=高砂市役所
拡大
3期目の今期で引退の意向を表明した登幸人市長=高砂市役所

 兵庫県高砂市の登幸人市長(69)は28日、同市役所で開いた会見で今期限りでの引退を表明した。前市長の死去に伴う2008年の市長選で初当選してから来春で3期12年の任期を終える。「長い間できなかった懸案事業を引き継ぎ、何とか形にすることができた。3期目当初から区切りにしたいと思っていた」と話した。

 市役所は前日に仕事納めを終え、「ゆっくりとした中で会見できる日を選んだ。年内に区切りをつけたかった」と述べた。2週間前の市議会で進退について明言を避けたが、11月下旬に一部支援者に引退の意向を伝えていたことを明かし、「12月議会は重要議案に全力で掛かりたかった」と釈明した。

 退任理由として挙げたのは大型事業の着手。治水対策や広域ごみ処理施設、市役所新庁舎は2~3年後の完了を見込む。「後は時間の経過を待つのみ」とした。来年度には、21年度から10年間のまちづくりの指針を示す総合計画が策定される。「新しい市長にまちの将来像を描いてほしい」と、託す思いを語った。

 残された課題の一つは経営状況が厳しい市民病院の再建。加古川中央市民病院との連携を模索しており、「経営形態を考える時期にきている。4月までできることに取り組み、方向性だけは付けたい」と述べた。

 市長選は来年3月29日告示、4月5日投開票。市議の北野誠一郎氏(58)と高砂商工会議所副会頭の都倉達殊氏(60)が立候補を表明している。後継指名は「一切考えていない」と否定。長年行政経験者が市長を務めてきたことに触れ、「新しい風を吹き込んでほしい」と述べた。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(2月22日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 60%

  • 13℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ