東播

  • 印刷
五輪にちなんで5色で描かれたネズミの絵馬=鹿嶋神社
五輪にちなんで5色で描かれたネズミの絵馬=鹿嶋神社

 東播有数の初詣客を迎える鹿嶋神社(兵庫県高砂市阿弥陀町地徳)の境内に、来年の干支「子」にちなんでネズミのイラストをあしらった特大絵馬が登場した。地元のイラストレーター原恵理さん(56)がデザインした。

 原さんは3年前から同神社の絵馬を手掛ける。今回は、来年の東京五輪・パラリンピックを意識し、淡い青や黄色など5色のネズミを登場させた。パステルと水彩絵の具、色鉛筆を駆使して柔らかい雰囲気に仕上げた。原さんは「たくさんの人に見てほしい。いい年になればいいですね」と話している。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(4月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ