東播

  • 印刷
加古川市役所=加古川市加古川町北在家
拡大
加古川市役所=加古川市加古川町北在家

 夏の東京パラリンピックに向け、兵庫県加古川市とブラジルのパラバレーボール協会は、シッティングバレーボールの同国代表が8月1~5日に加古川市内で事前合宿することに合意した。20日に覚書を締結した。

 同国選手団の事前合宿地は浜松市だが、同競技の男女の代表チームは加古川市でも合宿することが決まっていた。

 市によると、一行は選手と関係者約40人で、来日してすぐに加古川市で合宿し、浜松市に向かう予定。覚書には「支障のない範囲で、市民交流イベントに参加する」と明記されており、市の担当者は「短い期間だが、市民が盛り上がりを感じられるような企画にしたい」と話していた。

 覚書は、20日にブラジルの同協会側から代理人によって届けられ、岡田康裕市長がサインした。

 選手団の練習場所は市立総合体育館(西神吉町鼎)になる予定で、市はサブアリーナの床に同競技の基準に適合したマットを整備している。(切貫滋巨)

東播の最新
もっと見る

天気(2月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ