東播

  • 印刷
鶴林寺の「摩虎羅大将」=加古川市加古川町
拡大
鶴林寺の「摩虎羅大将」=加古川市加古川町

 「ウインクしている仏像がいる」と情報を聞きつけ、兵庫県加古川市加古川町の古刹、鶴林寺へ。新薬師堂の一画に、いた! ばっちり右目をつぶった赤い顔。笑みまでたたえている。

 茂渡俊慶住職(58)によると、インド由来の武神「摩虎羅大将」。薬師如来と信仰者を守る「十二神将」の一体だ。元々、弓をしならせ狙いを定めていたが、弓矢がなくなったのだそう。そう言われると、決めポーズ風の姿勢にも納得がいく。

 参拝者がテレビ番組に投稿するまで、ウインクとは寺側も思い至らなかったそう。「アイドル扱いされるのも変だけど、寺に足を運ぶきっかけになればうれしい」と住職。会いに行けば、ウインクが幸福をもたらしてくれるかも。(広岡磨璃)

東播の最新
もっと見る

天気(4月1日)

  • 16℃
  • 14℃
  • 80%

  • 14℃
  • 12℃
  • 80%

  • 16℃
  • 14℃
  • 80%

  • 16℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ