東播

  • 印刷
高砂市長選、市議補選を前に用意された「七つ道具」=高砂市役所
拡大
高砂市長選、市議補選を前に用意された「七つ道具」=高砂市役所

 29日告示、4月5日投開票の兵庫県高砂市長選と市議補選を前に、市選挙管理委員会は、各候補者が選挙活動に使う「七つ道具」を確認するなど準備を進めている。

 七つ道具は告示日に立候補を届け出た各陣営に手渡す。街頭演説用の旗や運動員の腕章、選挙カーに取り付ける表示などがある。市長選には新人2陣営が立候補の準備を進め、市議補選は新人3陣営が立候補届け出書類の予備審査を済ませた。市選管は七つ道具を1セットずつ袋に入れ、市長選、市議補選それぞれ5セットそろえている。

 新型コロナウイルスの感染拡大対策として、期日前を含む各投票所には消毒液などを備えるという。また、各陣営は告示前に予定していた屋内での集会は開催を見合わせている。告示後の公共施設などでの個人演説会について、市選管は「開催は各陣営の判断になる」とする。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ