東播

  • 印刷

 兵庫県東播2市2町の教育委員会は24日までに、新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校していた市町立小中学校、特別支援学校について、4月7日から再開させることを決めた。

 休校が長期化した場合の影響や政府の方針を踏まえて決定。各市町とも4月7日に始業式があり、8日に中学校、9日に小学校、10日に加古川養護学校の入学式がある。入学式は来賓や在校生の出席を減らし、始業式も放送で行うなどして縮小する。

 各市町とも児童、生徒の検温や換気などで感染拡大防止に留意するという。加古川市教委では当面の間、給食を全員前向きで食べるといった対策も取る。

 また、市町立中学校の部活動については、既に再開を決めている加古川市教委を含め、東播2市2町が25日から再開。いずれも密集を避けるなどの対策を取った上で活動するという。

 各市町教育委員会とも、身体接触のない内容とする▽対外試合はしない▽屋内の場合は換気に努める▽長時間の活動はしない-ことなどを求めている。

 加古川市教委は25日を臨時の登校日とし、午前中に2時間程度を容認。高砂市教委では週3日は休みを設けることを求めている。(広岡磨璃、斉藤正志)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

東播の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 18℃
  • 40%

  • 25℃
  • 20℃
  • 50%

  • 25℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ