東播

  • 印刷
青くライトアップされた高砂市庁舎の望楼=高砂市荒井町千鳥1
青くライトアップされた高砂市庁舎の望楼=高砂市荒井町千鳥1

 兵庫県高砂市は7日夜から、新型コロナウイルス感染症の対応に最前線で当たる医師、看護師ら医療従事者への感謝の思いを伝えるため、市庁舎の一部を青く照らす取り組みを始めた。青色のライトアップは国内外で広がり、同市は緊急事態宣言の延長を受けて開始。土日を含め5月末まで、日没から午後9時まで点灯する。

 照らすのは、消防署が市役所に併設されていた40年近く前まで、火の見やぐらとして使われていた高さ約24メートルの望楼と、市議会の議場などが入る分庁舎1、2階軒上の一部。イベント用の発光ダイオード(LED)照明を使い、白色の照明には青いフィルムを張った。雨天は点灯しない。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ