東播

  • 印刷
遊具で楽しそうに遊ぶ親子=東加古川子育てプラザ
拡大
遊具で楽しそうに遊ぶ親子=東加古川子育てプラザ
約100鉢のコチョウランが順に見頃を迎える=みとろフルーツパーク
拡大
約100鉢のコチョウランが順に見頃を迎える=みとろフルーツパーク

 新型コロナウイルスによる政府の緊急事態宣言が解除され、感染対策の準備が整った兵庫県の東播地域の公立施設が23日、順次運営を再開した。利用人数や時間を普段より絞って「3密」を避け、入場者の連絡先を把握するなどの警戒は続くが、子育て施設や屋外のレジャー施設には少しずつマスク姿の家族連れたちが訪れ、明るい笑い声が戻った。(若林幹夫)

 未就学児の親子向けの「東加古川子育てプラザ」(同市平岡町新在家)は2カ月以上ぶりに開館した。換気や消毒のため、利用時間は午前10~11時、午後2~3時。事前の申し込みを必要とし、午前、午後に分けて平日は各30人程度、土日祝日は各15人程度に制限する。

 再開初日は朝から問い合わせが次々と入り、早速訪れた子どもたちは、滑り台やおもちゃの家などで遊んだ。1~5歳の子ども3人を連れてきた加古川市の看護師(29)は「家の中や周囲だけで遊ばせるのは限界だった。子どもたちも楽しそう」と笑顔を見せた。

 みとろフルーツパーク(同市上荘町見土呂)は、ちょうど収穫されたタマネギ(1・5キロ)とジャガイモ(1・2キロ)をそれぞれ税込み200円で販売。温室では白やピンクのコチョウランが見頃を迎えている。明石市の女性(41)は小学2年生と5年生の娘ら家族4人でバーベキューを利用し、「子どもたちに外の空気を吸わせてあげたいと思ってきた。やっぱり気分が変わりますね」と話していた。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

東播の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ