東播

  • 印刷
動画一覧へ
吟道摂楠流 東播吟詠会師範の中谷壽美夫さん(87)
拡大
吟道摂楠流 東播吟詠会師範の中谷壽美夫さん(87)

■もうひと踏ん張り

 今はパソコンやスマートフォンで簡単に人と人がつながれる時代です。機械が苦手な私たちにとって、週1回の詩吟教室はお弟子さんと顔を合わせ、互いの元気な姿を確認できる場所でした。詩吟教室に限らず、他の同世代の人も同じです。共通の趣味を持った人と多くの時間を過ごすことが、シニア世代の健康の秘訣(ひけつ)だと思います。

 詩吟は漢詩のほか、和歌や百人一首を、どれだけ滑らかにはっきりと声を響かせられるかが肝心です。日頃、意識している腹式呼吸は精神面にも張り合いを生み、日々の活力につながっていました。

 今はお弟子さんと電話で話したり、自宅で採れた野菜を家に届けたりしています。でも、近くに住む限られた人にしか会えません。外出する機会も減ったと思いますが、皆さんはおなかの底から声を出し、誰かと笑い合っていますか。もう一度、皆さんの元気な表情を見られるかどうか不安です。詩吟を楽しむ時間も奪われてしまいましたから。

 いいニュースがあります。6月上旬から詩吟教室を再開します。今から待ち遠しいです。詩吟教室以外にも、習い事の再開を心待ちにする同世代の人も多いはず。皆さん、もうひと踏ん張りです。必ず楽しい時間が待っています。(聞き手・千葉翔大)

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ