東播

  • 印刷
高砂市民病院=高砂市荒井町紙町
拡大
高砂市民病院=高砂市荒井町紙町

 兵庫県高砂市の都倉達殊(たつよし)市長は12日、市議会定例会の代表質問で、経営状況が厳しい市民病院(荒井町紙町)について「公立病院として存続させたい」と答弁した。同病院の経営課題を協議するために市が設置を目指す改革推進委員会は、地方独立行政法人化や民営化など経営形態の見直しも審議項目に含まれている。

 同病院は医師不足や近隣での大規模病院開設で病床稼働率が低迷。市の一般会計から毎年5億円前後の補填(ほてん)が続く。本年度は新型コロナウイルス感染拡大で外来・入院患者が減り、8億円近くに膨らむ見通しだ。改革推進委は大学病院関係者や県の医療担当者らから委員を選定中。登幸人前市長は1月に設置を決めた際、「経営形態を考える時期に来ている」としていた。

 都倉市長は「抜本的な経営改善が必要だが、回復期病棟を持つ公立病院としての役割は高まっていく。加古川中央市民病院との連携をさらに強めていく」と説明。その上で改革推進委も開催に向けて調整を進めるとした。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ