東播

  • 印刷
署長感謝状を受け取る(左から)服部達昭さん、大林雅幸さんら=高砂署
拡大
署長感謝状を受け取る(左から)服部達昭さん、大林雅幸さんら=高砂署

 兵庫県警高砂署は15日、特殊詐欺被害を防いだとして、ファミリーマート高砂伊保店の代表大林雅幸さん(51)、客の服部達昭さん(71)=同県姫路市=に署長感謝状を贈った。犯人グループに現金を振り込もうとしていた高齢女性を間一髪で救った。

 同署などによると、5月18日午前、高砂市内の女性(75)宅に、市役所職員を名乗る男の声で「還付金がある」と電話があった。女性は指示された通り同店に向かい、電話で指示を受けながら現金自動預払機(ATM)を操作していた。

 そこへ訪れた服部さんが女性の様子を不審に思い、店員に相談。「詐欺ではないですか」などと説得していたところ、男から電話が切られ、大林さんが110番したという。

 同店には、同じ時間帯に電話で不自然な内容のクレームが入っていたといい、同署は店員の注意をそらすための犯人グループのかく乱だとみる。大林さんは「これからも意識を高め、対策を進めたい」と話す。

 同市内では、詐欺グループが犯行の足掛かりとしてかける「アポ電」の件数が5月末で52件に上り、昨年同期の24件から倍増しているという。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ