東播

  • 印刷
稲美町が建設を予定している子育て支援拠点施設のイメージ(同町提供)
拡大
稲美町が建設を予定している子育て支援拠点施設のイメージ(同町提供)

 兵庫県稲美町は、2021年度のオープンを予定する子育て支援拠点施設の愛称を募集している。小さな子どもが遊べる遊戯室や育児に関する相談窓口を設けるほか、幅広い世代が利用する「福祉会館エリア」も併設。愛称の応募は30日までで、町民以外からも受け付ける。

 同施設は、いなみ野水辺の里公園(同町岡)の隣接地に約1100平方メートルの平屋を建設し、同町の現在の子育て支援センターと児童館の機能を集約。総工費は約5億円を見込む。

 子どもたちが遊具で遊べる約125平方メートルの遊戯室、親子向け体操教室などが開かれるプレイルームを整備。保育士などの資格を持ったスタッフによる相談窓口も設ける。

 施設内に併設する福祉会館エリアには、町民がサークル活動などで使う教養娯楽室、集会や講演会などで利用できる最大120人収容の大部屋も。町の担当者は「親子連れが集まる場所に併設することで、世代間交流を促したい」と話す。

 応募用紙は町ホームページからダウンロードできるほか、福祉会館などの町立施設で配布。同町こども課に持ち込むか郵送する。応募は1人5点まで。愛称は11月ごろに発表する。

 同課TEL079・492・9155

(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ