東播

  • 印刷
ラジオ番組の収録に臨む加古川署員=稲美町国岡1
拡大
ラジオ番組の収録に臨む加古川署員=稲美町国岡1

 JA兵庫南稲美有線放送(兵庫県稲美町国岡1)が制作し、兵庫県警加古川署員が出演するラジオ番組「セーフティ加古川」に、2日から、従来の交通課員に加えて生活安全課員も登場する。寸劇や漫才を通して、飲酒運転と特殊詐欺被害の防止を呼び掛ける。同町内で契約している住宅や学校などの受信機器約2500台を通じ、8月27日まで聞ける。

 同番組は2016年に開始。現在は毎週木曜午後6時から、同町内の契約者らに向けて放送している。

 今回は計4本収録。うち交通課による寸劇では、飲酒運転が発覚した男性会社員を演じる課員に、広地正行交通1課長が「飲酒運転は人の命を簡単に奪う重大な犯罪だ」と指摘する。生活安全課員2人は、特殊詐欺の手口を漫才風に紹介している。

 毎週2本ずつ計10分間ほど放送し、隔週で内容を入れ替えるという。(千葉翔大)

東播の最新
もっと見る

天気(8月11日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 37℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ