東播

  • 印刷
園庭も利用できる北部子育て支援センター。事業は新センターに集約される=高砂市米田町島
拡大
園庭も利用できる北部子育て支援センター。事業は新センターに集約される=高砂市米田町島

 兵庫県高砂市曽根町の旧教育センター跡地に西部子育て支援センター(仮称)が整備されることに伴い、市は北部子育て支援センター(同市米田町島)の事業を終了する方針であることが分かった。新センターは2024年度にオープン予定。北部子育て支援センターについて市は地元の住民に説明し、利用者の意見を踏まえて終了時期を決める。(若林幹夫)

 子育て支援センターの事業は市直営。遊具を備え、乳幼児、保護者同士の交流を目的に子育てサークル支援や相談業務を担う。市内には現在、旧米田西幼稚園の建物を活用して13年にオープンした北部と、15年開設のユーアイ帆(ほ)っとセンター(同市高砂町松波町)内の2カ所があり、利用者は年間計1万人以上に上る。

 市は利用ニーズからセンターの必要数は市内2カ所とし、曽根町の新センターが完成すると、既存2カ所のうち継続するのは1カ所だけになる。また、市は公共施設の総合管理計画に、36年度までに全体の床面積を15%縮減する方針を盛り込み、1978年建築の北部子育て支援センターの建物は「27~36年度に廃止」との考え方を示している。

 市幹部は「建物が老朽化している北部子育て支援センターの事業は、他の施設に集約する」と説明。終了時期は未定で、今後、既存のセンター2カ所を訪れる親子らを対象に利用状況を調査する。北部のセンターでは、子育て支援事業以外にも2階で学童保育が行われ、建物の管理は地元団体に委託されている。

 曽根町に新設する子育て支援センターは、地域交流センター、消防分団の車庫と詰め所が一体的に整備される。市は20年度一般会計予算に3施設の設計委託など計2046万円を計上している。

東播の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ