東播

  • 印刷

 兵庫県加古川市で開かれる県内最大級の踊りの祭典「第22回踊(おど)っこまつり」について、主催団体が中止を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月2~4日の開催予定を9月20、21日に延期していたが、密集を防げないと判断した。1999年から毎年開き、中止は初めて。

 同まつりは毎年5月の大型連休にあり、昨年は3日間で約15万人が訪れた。今年9月には市内4会場に60チームが参加予定だった。

 代替の催しとして、動画配信サイト「ユーチューブ」で、9月21日に「踊っテレまつり」を実施。チームから事前に募集した動画を配信し、大賞などを決める。踊っこまつりのフィナーレを飾る総踊り「時代(とき)を越えて」も、個人で踊っている動画を募り、編集でつないで配信。いずれも参加希望者・チームは7月31日までに申し込み、8月31日までに動画を送る。無料。

 主催のNPO法人踊っこまつり振興会TEL079・436・4351

(斉藤正志)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

東播の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ