東播

  • 印刷
生活介護事業所を立ち上げた笹尾恒次さん(左)ら=加古川市志方町成井
拡大
生活介護事業所を立ち上げた笹尾恒次さん(左)ら=加古川市志方町成井
高御位山に臨む庭を、スタッフ自ら整備している=加古川市志方町成井
拡大
高御位山に臨む庭を、スタッフ自ら整備している=加古川市志方町成井

 兵庫県加古川、高砂市にまたがる高御位山(たかみくらやま)のふもとに、主に知的障害者を対象にした生活介護事業所「さぁくる。」がオープンした。築50年の空き家をスタッフ自ら整備。「豊かな自然でのびのびと」をテーマに、利用者は山登りや農業などの活動に取り組む。(小森有喜)

 事業所を立ち上げたのは、社会福祉士などの資格を持つ笹尾恒次さん(42)=加古川市。明石市で障害者支援施設に20年以上勤めた経験を生かし、独立した。3月に開業したものの、いきなり新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われ、「これからが本当のスタート」と意気込む。

 施設は加古川市志方町成井の成井登山口の近く。空き家になっていた2階建て木造住宅を借りた。山並みが一望できる景色を満喫できるよう、庭の木を切るなどスタッフ自ら整備を進めている。今後は農場も造り、利用者に農作業をしてもらう予定。

 活動時間は午前9時半~午後3時半で、利用者は山の散策や音楽活動、工賃が支払われる作業などに取り組む。登山客用駐車場の目の前という立地を生かして、6月からは利用者がペットボトルや缶ジュースを販売し、好評だという。

 笹尾さんは「登山客や地域の皆さんに気軽に立ち寄ってもらえる場所にしたい」と話す。定員は10人で、現在の利用者は市内の男性(24)1人のみ。療育手帳を持つ18歳以上が対象。

東播の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ