東播

  • 印刷
一度に入店できるのは5人まで。「待たせたら悪いから」と急いで駄菓子を選ぶ子どもたち=稲美町国岡2
拡大
一度に入店できるのは5人まで。「待たせたら悪いから」と急いで駄菓子を選ぶ子どもたち=稲美町国岡2
外で待つ時はフラフープの中に立って距離を保つ=稲美町国岡2
拡大
外で待つ時はフラフープの中に立って距離を保つ=稲美町国岡2

 兵庫県稲美町国岡2の古民家で毎週水曜日、地域ぐるみで運営する駄菓子店「みんなのお茶の間 ゆるり家」が、新型コロナウイルス感染拡大による休業から再開した。子どもたちには長時間の接触を防ぐためにドライブスルーならぬ「ウオークスルー方式」で駄菓子を選んでもらい、入店前には1人ずつ、フラフープの中で並んでもらって互いの距離を保つなど、少しでも楽しめるよう感染対策に工夫を凝らしている。(小森有喜)

 ゆるり家は2009年、2人の子どもが当時小学生だった濱田理恵さん(50)=同町=ら母親たちが、協力して立ち上げた。天満小学校近くの築50年の古民家を借り、学校でも家庭でもない“第3の子どもたちの居場所”として運営。週3回は学習塾を開く傍ら、親子で集まって親同士も子育ての情報を共有できる「子育てひろば」や、夏休みの工作を手伝うワークショップなどの催しも企画する。

 週1回の駄菓子店には、普段は多い時で50人ほどが訪れる。菓子を買った後に和室の中で宿題をしたり、おもちゃで遊んだり。学年の壁を越えた交流の場にもなっている。

 だが、コロナ禍で3カ月間休業。6月上旬に再開してからは、子どもたちには入店前に手指をアルコール消毒してもらい、一度に5人までしか入れないようにした。和室に10、20、30円と値段ごとに菓子が並べられ、立ったままかごの中に入れて屋外で会計してもらう。玄関前で待つ時には、子ども同士のソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つため、フラフープを目印に並んでもらっている。

 天満小6年の男児(11)は「お店がまた始まるのが楽しみだった。そのうち、前みたいに和室の中で遊びたいな」。濱田さんは「感染対策を取りながら、地域で子どもが交流する場を維持していきたい」と話す。毎週水曜午後3~5時。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

東播の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ