東播

  • 印刷
加古川市役所=加古川市加古川町北在家
拡大
加古川市役所=加古川市加古川町北在家

 兵庫県加古川市は21日、政府による1人10万円の特別定額給付金の対象外となる新生児にも、独自に1人10万円を給付すると発表した。4月28日~来年3月末に生まれた子どもを対象とし、約1900人を見込む。

 国の制度は、4月27日時点で住民登録していることを給付の要件とする。市は、出生日による不公平感を解消し、新型コロナウイルス感染に不安を抱えながら生活する家庭を支援するため、独自支給を決めた。

 7月までに生まれた子がいる世帯には、8月下旬にも案内を送付。8月以降の出生者がいる世帯には、出生届を受けた翌月に案内を届ける。案内に記した番号を基に、インターネットから申請できるようにする。

 市は事業費約1億7400万円を盛り込んだ補正予算案を、今月29日開会の臨時市議会に提出。出生届の提出期限が生まれてから14日間のため、来年4月以降に申請を受けた分は、2021年度予算で措置する予定。(斉藤正志)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ