東播

  • 印刷
連携協定を結んだ兵庫大の河野真学長(左)とディープピープルの牧文彦理事長=兵庫大
拡大
連携協定を結んだ兵庫大の河野真学長(左)とディープピープルの牧文彦理事長=兵庫大

 兵庫大(兵庫県加古川市平岡町新在家)とNPO法人「ディープピープル」(大阪市西区)が25日、連携協定を結んだ。連携事業として、学生を巻き込んで地域活性化の取り組みで協力したり、同法人がインターンシップで学生を受け入れたりすることが盛り込まれた。

 同法人は、環境や障害者雇用といった社会問題の解決を目指して、イベントの開催、人材育成事業などを展開。持続可能な開発目標(SDGs=エス・ディー・ジーズ)を産官学で推進する組織「関西SDGsプラットフォーム」の分科会にも参加している。

 協定では、調査研究や人材交流などで連携。同法人が8月から、学生を対象に、新型コロナウイルス感染防止のためにテレビ会議アプリを使ったインターンシップを実施する。リサイクルやジェンダー(性差)フリーなど、SDGsに関して企業が抱える課題の解決策も提案してもらう。

 将来的には、特産品の共同開発、社会起業家を目指す学生の支援なども視野に入れる。河野真学長は「学生がキャンパスの外で学ぶ機会が充実する」と期待を寄せた。(小森有喜)

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ