東播

  • 印刷
子どもたちがコロナ禍の早期終息を願って描いたアマビエ=西神吉小学校
子どもたちがコロナ禍の早期終息を願って描いたアマビエ=西神吉小学校

 兵庫県加古川市西神吉町西村、西神吉小学校の4年生約70人が、新型コロナウイルス感染症の早期終息を願い、疫病よけの妖怪「アマビエ」を描いた。図工の時間を使い、コンテと水彩絵の具で1カ月以上をかけて仕上げた力作。言い伝えられている特徴を基に、思い思いの色やポーズの半人半魚の姿を表現した。

東播の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ