東播

  • 印刷
お盆に合わせて花を咲かせた小菊=稲美町加古
拡大
お盆に合わせて花を咲かせた小菊=稲美町加古
お盆に合わせて花を咲かせた小菊=稲美町加古
拡大
お盆に合わせて花を咲かせた小菊=稲美町加古
3色そろえて出荷される小菊=稲美町加古
拡大
3色そろえて出荷される小菊=稲美町加古

 お盆を前に、兵庫県稲美町加古の見谷(けんだに)地区で墓前や仏壇に供える小菊の出荷作業がピークを迎えた。地元の農事組合法人「ファーム稲加(いなか)見谷営農」が栽培を始めて4年目。赤、白、黄の3色で小ぶりの花が咲きそろい、組合員が刈り取りを進めている。

 同法人は5月上旬、見谷地区の畑約5アールに約5千本の苗を植え、成長に合わせて倒れないように支える網の高さを上げていった。6月中旬まで1カ月余り夜間に電照を当て、盆時期に開花するようにつぼみが付く時期を調整した。

 組合員は鎌で刈り取った後、3色そろえた数本を束にして長さを切りそろえ、透明のフィルムを巻いて出荷。1束350円などでJA兵庫南の直売所で販売し、地元にも売り場を設けている。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ