東播

  • 印刷
カードゲーム「ハリマ・トゥ・ザ・フューチャー」に取り組む生徒ら=播磨南高校
拡大
カードゲーム「ハリマ・トゥ・ザ・フューチャー」に取り組む生徒ら=播磨南高校

 兵庫県播磨町古宮4の播磨南高校で、地元企業に勤める卒業生や、同町のまちづくりアドバイザーを招いた特別授業が開かれた。1、2年生計約390人が、カードゲームで地域の課題について考えを深めたり、講演から課題解決のための多様な視点を学んだりした。

 同校が2020年度から取り組む「播磨町きらめきプロジェクト」の一環。2年生を中心に、年間を通じて「環境」「福祉」「防災」など7分野について地域の課題を考え、提案する。

 今回は1年生も、地域の魅力や課題解決の方法を学べるカードゲーム「ハリマ・トゥ・ザ・フューチャー」に取り組んだ。「地元の居酒屋を活気づけたい」など住民の悩みに、地域の魅力をまとめた80枚の「お宝カード」を3枚まで組み合わせ、解決策を考えた。

 2年生の授業では、同校卒業生で、船舶用ポンプなどを製造する兵神機械工業(同町古田1)の社員沢田愛子さん(33)が登壇。農業に転用した技術で水耕栽培装置を手掛ける経験を踏まえ、「さまざまな知識を身に付ければ、目標の実現につながる」と生徒に語り掛けた。(千葉翔大)

東播の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ